「更生のための刑事弁護」について

私中村は、北海道での裁判員裁判第1号事件を担当しました。従来の職業裁判官による刑事裁判では、証拠からはっきりと認定できない「更生の意思」というものはあまり重視されず、これまでの裁判例で積み重ねられてきた認定手法により、客観的に淡々と、罪の重さが認定されてきましたので、弁護士による弁護活動も、更生という点に手が行き届かず、情状に影響を与える部分について技巧的に、言葉でそれを訴えるだけの極めて形式的で表面的な活動に終始してきたという面は否めませんでした。

ただ、国民の一般感覚からしても、そういった、刑を下げるという弁護活動の前に、新たな被害者を生まないため、また、被害者に対して、社会に対して、大人としての責任を取ることから始まる「責任」という発想を芽生えさせ、自分の行動を理性から抑制して、堂々と胸を張 って誇らしく生きることができるように働きかけることが重要であると思います。

法整備や行政・福祉・医療によるその点の支援が不十分であり、今後もまず万全の対応は期待できない中、その働き掛けができるし、するべきであるのは、犯罪を犯した方に寄り添う弁護士しかいないと、私は検事の時代からずっと思っており、検事の立場においてできる限界はありましたが、そのような働きかけを、検事としてしてきました。

そして、検事から弁護士に転職した後は、検事時代には立場上限界のあった、もっと踏み込んだ「更生のための刑事弁護」に従事するようになりました。上記の裁判員裁判でも、「被告人を更生させるのは、弁護士の責任であり、その取り組みをしてきました」とはっきり伝え、その取り組みの結果を、そのまま裁判員に伝えました。

国選弁護であっても、私選弁護であっても、また、事案の軽重に関わらず、私は、どの事件でも、更生の可能性がある限りは、ただ単に裁判で軽い刑を取得することを目的とするのではなく、裁判は裁判、それは裁判官が行為に対する責任の一つとして下す裁定に過ぎず、それとは別に、罪を犯した方の今後の人生のために、更生の意欲と可能性がある限り、更生のための活動に多大な時間を割いた刑事弁護を行っています。それが、私が法曹を志した最大の動機であり、そこに一定の成果を見出して、弁護士人生を全うしたいと心に決めています。

通常の刑事裁判では、上記の更生のための活動について、裁判所は十分に時間を取って耳を傾けてくれないため、それ以外の部分をメインに裁判所では紹介せざるを得ない実情がありますが(そうであっても、裁判とは関係なく、多大な時間を割くべきです。裁判がどんな結果になろうとも、本人のためになる、確実な刑事弁護活動を遂げることが重要です)、裁判員裁判では、裁判員が、「この人が更生できるのかどうか」「また罪を犯すのかどうか」、素朴にその部分に最大の関心を寄せることははっきりしていたので、上記の第1号事件では、普段から取り組んでいる「更生のための弁護活動」をそのまま裁判員にゆっくり時間を掛けて紹介した結果、「更生のための道筋が示されている」と判決に明示していただき、少なくとも裁判員には、きちんと耳を傾けていただけたのではないかと思っております。裁判から5年が経過した今もなお、その結果を果たすため、本人とは連絡を取り合っています。

このような意味では、裁判員裁判は、刑事事件の本質、被告人や被害者にとって必要な、「更生への取り組み」「再犯防止策」を真剣に弁護士にも考えさせ、実践させるようになったきっかけになっているという意味では、私は、重要な意義があると思っています。今までの刑事裁判は、その本質を見失った、当事者のためではない、裁判官、検事、弁護士という法律家のための流れ作業的な裁判だったと言わざるを得ないと、個人的には思っているところです。

裁判員裁判においては、このような「更生への取り組み」や「再犯防止策」って一体どうなっているの?国による支援は何もないの?刑務所内で、どんな教育がなされているの?こんなことしかされていないの?え?裁判官も検事もよく知らないの?・・、そんな、当り前の疑問が当たり前に徐々に明るみとなって新聞やニュースでも指摘され、ようやく国や各機関も、そこに真剣に目を向けて、各種方策と連携を考えるようになりました。



刑事弁護のご相談方法・相談料金について

当事務所は、下記3つのご相談方法ををご用意しております。
①当事務所でのご相談
②お電話でのご相談
③出張訪問ご相談



ご相談予約はメールフォームかお電話にて、ご希望のご相談方法でお申し込みください。営業時間は、平日 午前9時~午後18時30分です。
土日のご相談及び平日午後9時までの夜間相談にも気軽に応じます。

相談料金 30分3000円(税込)・1時間5000円(税込)

お問い合わせ

ご相談、ご依頼されたい方、お気軽にご連絡ください。
「**は取り扱っていますか? 料金はいくらくらいかかりますか?」などのお問い合わせもお気軽にどうぞ。
お問い合わせは、お電話かメールフォームにて受付けております。
メールをお送り頂いた場合、確認し次第、弁護士からお返事させて頂きます。
また個人情報は、お問い合わせに関する事務処理のみに利用し、秘密は厳守致しますのでご安心ください。 当事務所のプライバシーポリシーはこちらからお読みください。

新宿・札幌 弁護士法人シティ総合法律事務所


このページの先頭へ