学校問題に弁護士が介入するケースが激増しています。

かつての教師は、文字通り「先生」であり、生徒や保護者に対して確固たる地位を有していました。私たち30代40代の世代が学生であった頃でも、教師は一定の地位を有しており、私たちは教師の威厳を感じながら学校生活を送っていました。

しかし、現代では、教師の地位は低下してしまい、「先生」という肩書は名ばかりのものになりつつあり、学校は常に保護者からのクレームに怯え、教師は生徒を思うように指導できなくなってきています。生徒・保護者だけでなく、マスコミ、世間の目も厳しくなってきています。

また、学校生活におけるトラブルは複雑・多様化してきております。いじめを例にとってみても、暴力や所有物隠しなど教師の目に見える形ではなく、インターネット上の非公式な学校・学級サイトに匿名でいじめ対象者の悪口や秘匿すべき情報を書き込んだり、携帯電話のLINEアプリを使っていじめ対象者のみを友達のグループから除外するLINE外しや、いじめ対象者の動画を勝手に撮ってSNSやYouTubeにアップロードするなど、親や教師の目の届かない場所で巧妙な手段で行われるものが非常に増えてきています。  

このように、学校・教師のとりまく環境の変化、近時の学校生活におけるトラブル・紛争の複雑多様化により、教師のみでは問題に対し的確に対応することが難しくなってきています。そのため、近時、学校生活におけるトラブル・紛争に弁護士が介入するケースが激増しています。

当事務所の学校問題に対する取り組み





学校問題Q&A

Q1.いじめや体罰で学校や関係者を訴えると言われた

高校の校長をしていますが、野球部の生徒の保護者から、息子が部員から いじめを受けている。監督からも体罰があったようだが、学校は、いじめや体罰を軽視しているのではないか?警察に訴え出て、加害生徒や監督、学校 を訴えることを考えている、との苦情が入りました。 どうしたら良いのでしょうか?


Q2.保護者代理人から慰謝料300万円を請求された
中学校の教頭をしておりますが、担任の先生から平手打ちの暴力を受けた として、その生徒の保護者から依頼を受けたという弁護士から、内容証明郵 便が届き、引っ越し費用や転学に伴う諸費用、慰謝料等で合計300万円の 請求がなされています。裁判を起こされたり、マスコミ沙汰になって現場が 混乱するのは避けたいので、すぐに支払った方が良いのでしょうか?


Q3.園児が事故により死亡してしまいました
幼稚園の理事長をしておりますが、滑り台の取っ手に鞄の紐を引っかけて園児が窒息死してしまいました。すぐに警察が来て事情聴取や捜索が行われ、マスコミも押し掛けてきて、思わず、「幼稚園に責任はありません」などと言ってしまいました。 今後、どのように対応したらよいでしょうか?

お問い合わせ

ご相談、ご依頼されたい方、お気軽にご連絡ください。
「**は取り扱っていますか? 料金はいくらくらいかかりますか?」などのお問い合わせもお気軽にどうぞ。
お問い合わせは、お電話かメールフォームにて受付けております。
メールをお送り頂いた場合、確認し次第、弁護士からお返事させて頂きます。
また個人情報は、お問い合わせに関する事務処理のみに利用し、秘密は厳守致しますのでご安心ください。 当事務所のプライバシーポリシーはこちらからお読みください。

新宿・札幌 弁護士法人シティ総合法律事務所


このページの先頭へ