東京・札幌の連携について

当事務所の代表中村と同代表会田は、共に東京出身ですが大学までを東京で過ごし、代表の中村はその後仙台地検、札幌地検、東京地検で検事を務め、代表の会田は東京でのテレビ局勤務を経て、その後は共に、札幌で弁護士生活を送ってきました。代表の中村の事務所で代表の会田が研修時代を過ごして修行を積んだという二人の縁です。

これまでも、東京の案件を多数こなしてきましたが、東京でも直接事務所にご来所いただいてご相談をお受けすることで、両地域に弁護士が所属する利点を生かして、両地域にまたがるニーズにより迅速に濃密にお応えするために、両地域にオフィスを設け、『弁護士法人シティ総合法律事務所』が誕生しました。

当事務所では、東京と札幌の両オフィスで両弁護士の相談を同時に受けられるようにテレビ会議システムを導入しました。 東京オフィスにおいて、会田だけでなく、札幌オフィスの中村・奥野とも同時にご相談が可能ですし、札幌オフィスにおいて、中村・奥野だけでなく、東京オフィスの会田とも同時にご相談が可能です。ご希望の方は、どうぞご遠慮なく、ご予約時にその旨お伝えください。遠隔地での相談が必要な場合に、お近くのオフィスでのご相談を可能にすることが、当事務所の連携の最大の強みです。



東京と札幌にそれぞれ本店と支店を構え、いずれも顧問弁護士がいないために顧問弁護士の選任をお考えの場合、あるいは、顧問弁護士はいるけれども、両地域での対応が難しいのでもう一名顧問弁護士の選任をお考えの場合には、是非、当法人の選任をご検討ください。東京と札幌オフィスの両弁護士が、テレビ会議で同時にご相談をお受けし、両弁護士が情報交換を密にして一緒に対応に当たることにより、東京・札幌間の距離による弊害を解消します。

例えば、札幌の支店での労務管理や法的紛争への対応が必要になった場合、札幌で新たに弁護士を依頼したとしても、東京の法務担当者あるいは顧問弁護士とすぐに信頼関係を構築して、情報をきちんと交換して迅速かつ適切に対応することは、現実的にはなかなか難しいと思います。両地域の問題に即座に対応できる法人を顧問弁護士に選任することで、そのようなリスクを避けることができます。

また、両地域の企業同士が契約を交わす場合にも、電話やメール等での不十分な交渉には危険がつきまとうものですが、当法人にご依頼いただければ、両オフィスの弁護士が連携して、遠隔地にいながら弁護士による直接の契約交渉が可能になりますし、契約後も、多くの契約書には、法的紛争が発生した場合には東京地方裁判所で解決するとの合意管轄条項が入っており、札幌の企業が東京の裁判所に訴えられるということも、よくあることです。そのような場合にも、東京の弁護士を探したり、わざわざ交通費と時間を掛けて東京の弁護士に相談に行くなどということは必要なく、札幌にいながら、札幌オフィスで東京の会田に相談をし、会田に東京地裁で対応してもらうことが可能です。

当法人は、弁護士としての本来業務だけでなく、社労士登録をし、司法書士も在籍しているため、不動産業務、労務問題を含めた起業相談にも充実したワンストップでの対応が可能ですので、顧問弁護士だけでなく、東京・札幌への進出をお考えの起業様についても、お気軽にご相談ください。



東京・札幌間でのこのような連携が可能であるばかりか、東京オフィスは、東京に隣接する千葉県、埼玉県、神奈川県での対応が可能ですし、札幌オフィスは道内全域での対応が可能ですので、関東圏と北海道との連携が必要な企業様において法的紛争の予防ないし対応を要する場合には、どうぞお気軽にご相談ください。当法人の強みを発揮できるお仕事には、最大限、ご協力させていただきたいと考えております。

また、個人のお客様でも、北海道にお住いの方でお子様が東京の大学に進学しお子様が法的トラブルに巻き込まれた(交通事故、賃貸アパートの大家やアルバイト先とのトラブル、学生をターゲットにした消費者トラブルなど)というケースや、東京で働いている方で出身地である北海道にご高齢のご両親を残しており、ご両親に関するご相談がある(成年後見人、遺言、高齢者をターゲットにした詐欺、消費者トラブルなど)というケース、あるいは、札幌にいながら、東京の裁判所に訴えられてしまったというケースなどでは、当事務所の強みを存分に発揮することができます。

当法人は、単に、東京・札幌間の距離の問題を解消するだけでなく、代表の中村と会田の双方が、東京と札幌の両都市で長く暮らし、両都市の実情を良く知り、両地域での豊富な人脈を形成していますので、あうんの呼吸で、迅速かつ正確な連携を可能にしています。 代表二人の生まれ、育った両地域の発展に資することこそ、当事務所の最大の喜びであり、生き甲斐です当法人を介して、両地域の距離感を解消し、もっと密接にお近付きになっていただくことができれば、何よりです。

このページの先頭へ